ローズマリーのエッセンシャルオイル、その特性、用途、禁忌

ローズマリーのエッセンシャルオイルは同じ名前の植物から抽出され、その正式で科学的な名前はRosmarinus officinalisで、英語でその名前でローズマリーとして見られることも珍しくありません。この油は、その花と葉の蒸留から得られます。

ローズマリーのエッセンシャルオイルの特性

ローズマリーのエッセンシャルオイル、プロパティ、メリット、用途

この植物が何のためにあるのか疑問に思う方のために、私たちはその化学構造のために、ローズマリーのエッセンシャルオイルが貴重な特性を抽出することを思い出させます。したがって、それは脳機能を改善し、発毛を刺激し、筋肉の弛緩剤であり、痛みを和らげ、ストレスを和らげ、良好な血液循環に貢献し、状態に非常に有益であるため、非常に有益です。励まし、関節痛の軽減に役立ちます。

髪のために

ローズマリーのエッセンシャルオイルは、頭皮や髪全体に大きなメリットをもたらすことが知られています。これは、健康で強い髪の成長に寄与するため、その活性化と刺激特性によるものです。

ローズマリーのエッセンシャルオイルマスクとシャンプーに数滴加えることの両方で使用できます。

顔用

にきびなどの一部の皮膚疾患、または脂性肌の方は、濡れた綿球に2〜3滴を塗り、皮膚にこすりつけることをお勧めします。

セルライト用

セルライトの影響を受けるエリアでは、キャリアオイルを混ぜた2滴または3滴を使用できます。結果を得るためには、その領域を継続的かつ定期的にマッサージする必要があります。直接適用するだけでなく、浴槽に8滴を追加して、アクションをさらに増やすこともできます。

あなたも興味があるかもしれません..カモミールエッセンシャルオイル

ローズマリーのエッセンシャルオイルの他の用途

上記の例に加えて、このオイルはアロマセラピーによく使用され、ストレスや疲労の時期、頭痛や片頭痛の緩和、副鼻腔炎などの症状の緩和に非常に役立ちます。

ローズマリーエッセンシャルオイルフォーヘア

これらすべての場合で、使用方法は同じです。ディフューザーまたはバーナーを使用して、ローズマリーのエッセンシャルオイルを2〜3滴加えて吸入します。この方法で、風邪や風邪にも使用できます。

腰痛、月経痛、腸痛、下痢などは、キャリアオイルで2〜3滴程度に希釈して腰部をこすります。

したがって、その驚くべき特性のために、すでに言及されているものに加えて、治療できる無数の病気があります:関節炎、喘息、インフルエンザ、便秘、フケ、うつ病、体液貯留、記憶力の改善、神経疲労、疲労感、感染症他の多くの間で、呼吸器およびリウマチ。

ローズマリーのエッセンシャルオイルを購入する

ローズマリーのエッセンシャルオイルは、多くの健康食品店、オーガニックフード店、ハーブ学者、そしていくつかの大きなスーパーマーケットで購入できます。また、AmazonやMercadolibreなどのプラットフォームや専門店でオンラインで購入することもできます。そして、主なブランドはプラナロム、ヴェルベノナ、ソリアナチュラル、スイスジャスト、アナストアです。

オーガニックローズマリーシネオールエッセンシャルオイル

ローズマリーのエッセンシャルオイルの禁忌

多くのエッセンシャルオイルと同様に、ローズマリーには大きなリスクがありません。もちろん、いくつかの注意事項を考慮する必要があります。

その毒性レベルのため、純粋なものも希釈したものも摂取しないことをお勧めします。局所的に使用する場合は、特に非常に敏感な皮膚でアレルギー反応を引き起こす可能性があるため、キャリアオイルで希釈することをお勧めします。したがって、アトピー性皮膚炎の人はこのオイルの使用を避ける方が良いです。

また興味があるかもしれません..バーチ:この木の葉の特性と利点

それを希釈することに加えて、反応を確認するために、皮膚の健康な体の領域で常にそれをテストすることが重要です。

妊娠中の女性や幼児、てんかんや高血圧の人には使用しないでください。

重要:この情報は、医師またはヘルスケア専門家のアドバイスを補足するものであり、置き換えるものではなく、考えられるすべての使用、注意事項、相互作用、または悪影響を網羅するものではありません。この情報は、特定の健康状況に適合しない場合があります。医師がエコ事情について読んだことがあるので、医師や他の資格のある医療提供者から専門的な医療アドバイスを求めることを遅らせたり無視したりしないでください。治療を開始、中止、または変更する前に、常に医療専門家に相談する必要があります。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど