レッドクローバー:プロパティと禁忌

レッドクローバーとは?

レッドクローバーはヨーロッパ、アフリカ、アジアで見られる植物で、マメ科に属し、学名はTrifolium pratense Lです。

これはイソフラボンの最も重要な天然植物源の1つであり、さまざまな方法で見つけることができますが、特に注入とカプセルで見つけることができます。

レッドクローバーの特性

レッドクローバーの最も重要な特性の1つは、大豆などの一部の食品のように、イソフラボンの含有量が高いことに基づいています。この水溶性の化学成分は、「植物エストロゲン」として知られています。これは、成分が非常に似ており、ホルモン治療でこれらの代替として使用されているためです。

更年期障害に関連する女性の影響やホルモンの問題を打ち消すのにも非常に役立ちます。

レッドクローバーの他の特性は、ビタミンやミネラルの優れた供給源です。ミネラルには、カルシウム、クロム、マグネシウム、リン、カリウムが含まれます。

レッドクローバーの栄養特性の中で強調できるビタミンには、タンパク質と脂肪の代謝に作用するビタミンC、ビタミンB3、ナイアシン、炭水化物をエネルギーに変換するビタミンB1またはチアミンがあります。 。

レッドクローバー

この植物のもう一つの栄養成分はフラボノイドで、酸化剤の劣化から体を保護します。したがって、この植物の抗酸化効果をお勧めします。

レッドクローバー注入

レッドクローバー

レッドクローバーティーや煎じ薬の準備は比較的簡単です。さらに、今日ではオンラインストア、漢方医、そしておそらくスーパーマーケットで簡単に見つけることができるため、入手するのは難しくありません。

あなたも興味があるかもしれません..アニスエッセンシャルオイル:特性、用途、利点

この注入を行うには、レッドクローバーの花の大さじ1杯につき水1杯を沸騰させる必要があります。沸騰したら、電源を切り、大さじ1杯の花とカバーを追加します。約10分立って出しましょう。

ミントの葉を追加して、さわやかな風味を与えたり、蜂蜜やリュウゼツランのシロップで甘くしたりできます。

レッドクローバーカプセル

栄養素を消費してその利点を得る別の方法は、レッドクローバーカプセルを使用することです。最近では、注入と同じように、簡単に入手できます。

カプセルは閉経の副作用を抑えるためによく使用されますが、子宮の痛み、けいれん、乳房の炎症などの月経前の症状を和らげるためにも使用されます。このため、通常は1日2カプセルが推奨されます。

この植物を見つけることができる他の形式は、チンキ、エキス、液体エキス、クリームです。

レッドクローバーの禁忌

レッドクローバーの使用には、注入、カプセル、その他の葉をベースとした製品のいずれであっても、リスク、禁忌、または副作用は発見されていませんが、その使用が必要な場合があります。

これは主に、ホルモンの化学成分が原因で、さまざまなプロセスや病気を変える可能性があります。

したがって、これは厳密には禁忌ではありませんが、子宮外膜症、その外側に膣型組織が存在することを特徴とする病気にかかっている場合は、レッドクローバーの摂取を避ける必要があります。

レッドクローバープロパティ

また、乳がんに罹患しているまたは罹患している場合、この製品を摂取しないことが重要です。

また興味があるかもしれません..ホップ:ビールのスター成分の薬効、栽培、禁忌

妊娠中または授乳中の場合も同様です。どちらの場合も、ホルモンプロセスのため、その摂取は推奨されていません。最後に、エストロゲンアスピリン避妊薬を定期的に摂取している人は、禁忌を避けるためにレッドクローバーを摂取しないでください。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど