アドビ(泥レンガと藁レンガ)

アドビ(泥レンガとわらレンガ)1ちょっとした歴史アドビは、世界で最も古く、最も人気のある建築技術の1つです。その使用は、地球の最も多様な地域と気候で10,000年以上記録されています。

ハッサンファシー(1899-1989)は、この技術の使用を開拓した著名なエジプトの建築家であり、今日でもエジプトで適切と見なされています。

彼は古代の設計方法と材料を使用してアドビの使用を復元しました。私は、国の農村の経済状況を古代の建築や都市設計技術の幅広い知識と統合しています。彼は地元の住民に彼ら自身の家を建てるように訓練し、彼の偉大な遺産を世界に残しました。アドビあらゆる種類の土で日干しレンガを作ることが可能で、粘土と砂を正確に混ぜる必要はありません。それらは天日で乾燥され、準備が整うまで数日しかかかりません。観察が必要ですが、レンガの品質(抵抗が大きいか小さいか)は地球の品質に起因します。レンガを作るのに理想的なのは、その組成に30%の粘土を含む粘土です。アドビ(泥レンガと藁レンガ)2レンガを作る必要なもの:   、  、  ストロー、または耐性のある植物性繊維と、一般的には木でできたカビ。アドビを壁に設定するための混合物は、それらを作るために使用されるものと同じです。このようにして、セメントを使わずに家を作ることができます。泥を準備するための最良の、最も楽しく、治療的でインタラクティブな方法は、あなたの足、そしてできればそれらのいくつかを使用することです!濡れている間は泥を踏み、何人かは歌ったり踊ったりしています。アドビ(泥レンガと藁レンガ)3

踏みつぶし中にみじん切りのわらが追加されます。泥とよく混ぜることが重要です。

練習すると、レンガを準備するのに最も適した量の水が見つかります。ただし、水を加えすぎないように注意してください。混合物が濡れすぎてはいけません。均一な混合物ができたら、角から金型に入れます。レンガの中に空気が残らないように混合物を型に入れることが重要です。最も実用的なのは、力を加えて混合することです。レンガの大きさは、壁に付けたい高さや、扱いやすさに応じて変化します。大きなレンガはより速く組み立てられますが、重くて扱いにくくなります。金型が適切に充填されるとすぐに、金型を取り外すことができます。水の量が正しい場合、泥はその形状を保持します。ただし、新しく形成されたレンガを改ざんしないでください。それらは、製造された場所と同じ場所で、雨から十分に保護されて乾燥したままでなければなりません。金型は単一にすることができ、一度に1つのレンガを作成します。金型は2倍にすることも、より便利な数量にすることもできます。それは、利用可能なスペース、地形の状態、関係する人々の数、創造性に依存します。アドビ(泥レンガと藁レンガ)4アドビ(泥レンガと藁レンガ)5アドビ(泥レンガと藁レンガ)6それらが乾くまでの時間は少なくとも3日ですが、これは使用する水の量、土壌のタイプ、およびお住まいの地域の気候条件によって変わる可能性があります。アドビ(泥レンガと藁レンガ)7いくつかの技術的なヒントアドビの壁は防水ベースの上に持ち上げる必要があります。湿度の問題を回避するために、レンガを地面に直接接触させることはできません。日干しレンガは、従来のレンガと同じように配置されます。建設の終わりに開口部のマーキングと固定を可能にする木片または他の材料を忘れずに置いてください。日干しレンガの壁は、日中は室内を涼しく保つのに十分な厚さであるが、夜間は熱を伝達するのに十分な薄さでなければなりません。温帯気候で​​は、アドベは比較的熱密度が高いため、熱の節約にはあまり効果がありません。アドビの良さ
  • フィルターとして機能し、建物内の空気の質を向上させます
  • テクニックの簡単な学習
  • 地元の素材の使用
  • 低価格
  • サポート資料への投資はほとんどありません
  • 土台がない
  • 10,000年以上の実績のある効率
  • レンガを作ることは迅速かつ簡単です
  • 一人でレンガを作り、それらで構築することができます
  • シンプルなツールの使用
それはまたあなたに興味があるかもしれません。

アドビのあまり良くない

  • レンガは湿気に敏感です
  • レンガが乾くのを待つ必要があります
  • 補強なしで使用すると構造壁として機能しません

アドビ(泥レンガと藁レンガ)8

*«SoluçõesSustentáveisから抽出。ConstruçõesNaturais»AndréSoares(IPECエコセンター)経由:Dientedeleon

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど