ラベンダーエッセンシャルオイル:特性と用途

ラベンダーオイルはおそらく、アロマセラピーとその他の用途の両方で最も広く使用されているエッセンシャルオイルの1つです。それは、その花名とその香りの両方に魅力を生み出す低木であるラバンデュラアンガスティフォリアと呼ばれるラベンダー植物から得られます。

この植物は今日ヨーロッパの多くの地域で育っていますが、ヨーロッパの南部地域、アジアの一部、北アフリカによく見られます。そして、それはまさにその成長のための気候と理想的な生息地がたくさんあるこれらの場所にあります:たくさんの太陽、山と岩。

ラベンダーエッセンシャルオイルの特性

他の多くのエッセンシャルオイルと同様に、ラベンダーオイルのすばらしい点は、さまざまなメリットがあり、その中には次のような特性があります。

  • 抗炎症薬
  • 抗真菌性
  • 抗菌
  • 抗菌剤
  • 抗うつ薬
  • 防腐剤
  • 鎮痙薬
  • 鎮痛剤
  • 鎮静剤

どうやって使うのですか

風呂:古代からギリシャ人とペルシャ人は風呂にラベンダーを使用していたことが知られています。ラベンダーのエッセンシャルオイルは、その特性により筋肉を落ち着かせ、ストレス解消に非常に役立つため、ラベンダーで洗ったり入浴したりするとリラックス効果があります。植物にその名前を与える言葉の起源は、洗うことを意味するラテン語の「ラバレ」に由来します。

足湯もできます。私たちは、数滴のエッセンシャルオイルを温かい水で洗って、足を入れます。それは素晴らしい掛け布団です。

ラベンダーエッセンシャルオイルの特性

マッサージ:また、ラベンダーエッセンシャルオイルは、その収縮特性のために、マッサージをしたり、一日の疲れを癒したりするのに非常に役立ちます。

あなたも興味があるかもしれません..ボスウェリア:利点、使用方法、禁忌

吸入:このオイルを使用する最も一般的な方法の1つは、気化器、ディフューザー、またはバーナーを使用することです。このようにして、リラックスできる環境を作ることができます。

湿布綿の湿布を使用すると、収縮した筋肉、または打撃を受けた場所に適用できます。

寝る:眠りに落ちるのを助ける方法の1つは、ラベンダーのエッセンシャルオイルを使って寝ることです。耳の後ろや枕の上に数滴置くことでこれを行います。これは、疲れているがその日の興奮や刺激のために眠りに落ちることができない幼児にとって非常に効果的なテクニックです。

皮膚の場合:火傷、ニキビ、にきび、最近の瘢痕や傷による皮膚の問題や損傷に非常に役立ちます。この用途では、刺激を引き起こさないように、キャリアオイルで希釈する必要があります。

ラベンダーエッセンシャルオイルを購入する場所

ラベンダーのエッセンシャルオイルは、ほとんどすべての薬草学者、多くのBIOストア、エッセンシャルオイルのセクションがあるほとんどすべての健康食品店で購入できます。また、一部の薬局や一部のスーパーマーケットでも。オンラインストアや、AmazonやMercadolibreなどのマーケットプレイスで

価格はブランドによって異なりますが、見つけるのが非常に簡単な植物であり、非常に需要の高い製品であるため、最も安価なものの1つです。

ラベンダーアンガスティフォリアエッセンシャルオイルの主なブランドは、プラナロム、ソリアナチュラル、ヤングリビング、スイスジャスト、そしてアロマセラピーオイルを生産するほとんどすべてのブランドです。

ラベンダーエッセンシャルオイル:特性と用途1

禁忌と副作用

まれに、ラベンダーのエッセンシャルオイルが悪影響を及ぼしますが、特に吸入すると、アレルギーやめまい、嘔吐、吐き気を引き起こす可能性があります。その他の副作用や禁忌は、局所的にの使用で発生する可能性があります。この場合、極度の敏感肌には使用しないことをお勧めします。そして、可能であれば、希釈してください。

また興味があるかもしれません..イチョウBiloba、それは何ですか、利点、それを使用する方法および禁忌

幼児、妊娠中または授乳中の女性にはお勧めしません。

特定の鎮静剤が使用されている場合、副作用を引き起こす可能性があるため、その使用も推奨されません。組み合わせは眠気の効果を高めることができます。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど