肝臓の健康のためのオオアザミ

オオアザミはハーブであり、その名前が示すとおり、アザミはその摂取量と消費量が消化器系、ビリヤードの胆嚢、肝臓に多くの利点をもたらします。

その学名はSilybum marianumであり、米国国立癌研究所であるcancer.govのウェブサイトで議論されているように、多くの患者はオオアザミの利点を利用して、さまざまな抗癌治療によって肝臓に生じる損傷を打ち消します。

このハーブの主な化学成分の1つはシリビニンで、シリビンまたはシリマリンとも呼ばれます。主にオオアザミの種子に存在するこの化合物は、現在、抽出物の形で入手できます。

これらの種子がすでに中世の肝臓の問題に使用されていたという歴史的な証拠があり、一部の研究では2000年以上もそうであるとさえ言われています。

オオアザミの特性

オオアザミの特性は、肝臓の損傷、消化器系のさまざまな病気、および深刻な胆嚢の状態などの他の問題を打ち消すために何世紀にもわたって使用されてきたことで証明されています。

オオアザミの肝臓

また、この植物が食事に関連する他の病気や糖尿病や高コレステロールなどの基本的な重要臓器の機能不全に非常に役立つことを擁護する人もいます。

オオアザミの利点とその目的

その消費の利点は、この植物の影響に対する長年の研究と献身によって証明されています。それらの中で強調することができます:

肝臓。肝保護能力による可能性のある損傷を防ぐためと、たとえばアルコール飲料や一部の薬物などの他の物質の過剰消費によって生じる肝臓の損傷を矯正するための両方で、オオアザミは独特の自然医学であることが証明されています。

また興味があるかもしれません..ウコン:特性、利点および調理法

また、HIV薬、特にレトロウイルスによる非常に強力で臓器に損傷を与えるか、またはこの重要な臓器にも損傷を与える可能性のある癌。

消化。オオアザミは、私たちが食物で消費する脂肪を適切に消化するのに役立ち、したがってそれらが肝細胞に入るのを防ぎます。肝臓の過剰な脂肪は、炎症やその他の損傷を引き起こす可能性があります。

オオアザミの禁忌

胆汁。胆嚢の正常な機能と胆汁の生成を助け、この臓器の最も一般的な病気の1つである胆嚢での結石の形成を防ぎます。

過敏性結腸 オオアザミの特性は、腸管、主に過敏性腸に関連する消化器系の問題に対して非常に強力な解毒剤を提供できることが示されています。これは、腸の習慣の変化を引き起こし、それは深刻な痛みを引き起こすだけでなく、下痢または便秘のいずれかで排便するときの腹部の炎症および障害を引き起こします。

それはまた、その収斂性、ならびに尿路感染症、さらには風邪のために、出血などの他の状態の治療において非常に強力であることも示されている。

オオアザミの特性

減量のためのオオアザミ

減量のためのオオアザミは、他のどの植物よりも多かれ少なかれ効果的ではありませんが、減量を望んでいる人々にいくつかの利点を提供することができます。

ミルクアザミの注入を飲むと、毒素の除去だけでなく、一部の脂肪の除去にも役立ちます。

あなたも興味があるかもしれません..ローズヒップとそのヒーリングオイル

しかし、これには良い食生活、定期的な身体運動の定期的な習慣、そして過度のビール、砂糖、工業用ペストリーの飲酒をやめるなどの日常の習慣と消費の変化が伴うはずです。

オオアザミ

オオアザミとその禁忌

オオアザミを消費するとき、いくつかの禁忌または可能な副作用があります。それは非常に優れた植物であり、非常に効果的であり、それゆえ薬です。

これらのオオアザミの禁忌には、主にこの植物の消費に関連したもので、同時に別の薬物治療が行われています。

このタイプの最初の薬が市場に出たのは、MAOI抗うつ薬(MonoAminoOxidase Inhibitors)を摂取した場合、血圧上昇の問題を引き起こす可能性があります。したがって、オオアザミと抗うつ薬のこの組み合わせは避ける必要があります。

オオアザミの他の禁忌は、私たちが服用量を過剰に摂取すると、望ましくない下剤効果を引き起こす可能性があることです。

また、抽出物の代わりに植物を消費すると、同じ家族のいくつかの植物にアレルギーを持つ人々に影響を与える可能性があります。したがって、これらのケースでは、アザミを消費する前に医師に相談することをお勧めします。糖尿病の場合、または深刻な肝障害のある人々の場合も同じです。

オオアザミ

オオアザミの取り方

オオアザミはさまざまな方法で摂取できます。それらの中で、粉砕された植物の直接の注入に加えて、カプセル内の種子抽出物、染料、液体抽出物、油が間違いなく際立っています。

..コリアンダー、用途、利点、特性、禁忌などにも興味があるかもしれません

ミルクシスル注入

オオアザミは輸液としてとることができます。これのために最も良いのは、砕いたハーブを使って用意されたティーバッグです。または、ハーブを直接注ぐこともできます。

オオアザミのカプセル

その主成分は水に溶けないため、オオアザミを消費する最善の方法はカプセルにすることをお勧めします。そこには、この素晴らしい植物のすべての特性が体に吸収される準備ができています。

オオアザミ

間違いなく、オオアザミはその位置に値するものであり、私たちが持っているかもしれない肝臓または消化器系の問題に対抗するため、またはそれらを防ぐために、自然療法キットに存在しなければなりません。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど