大豆またはヒマワリのレシチンとその特性

レシチンは、動植物の細胞膜を構成するリン脂質です。多くの脂肪の多い食品に含まれていますが、特に大豆や魚に多く含まれています。ヒマワリのような種子にも。

栄養補助食品として最も多く消費されているのは大豆レシチンです。そのため、この記事では、ヒマワリレシチンとその消費ブームの理由についてコメントするのをやめることはできませんが、さらに深く掘り下げるつもりです。

大豆レシチンとその特性。それは何のため?

大豆レシチンがサプリメントとしてますます消費されている理由は、細胞膜の構成に関するその特性のためだけでなく、そのビタミンおよびミネラル含有量のためです。

おそらく大豆レシチンの利点の1つは、リン、つまり骨にとって重要な要素であるリンを含んでいることです。これにより、骨や骨の摩耗によって骨が変形し始め、一部の高齢者。さらに、リンはタンパク質の形成にも関与しています。

大豆レシチン

補足として取られるリンの問題はそれが吸収しにくいことです。実際、リンが体内から排出されずにリンを消費する最良の方法の1つは、大豆レシチンを使用することです。

コリンは、Bビタミンのグループに含まれる、体に不可欠なビタミンで、大豆レシチンに含まれており、体がこのミネラル、リンを吸収するのを助け、骨の維持を改善し、時間の経過とともに変形します。

あなたも興味があるかもしれません..皮膚、髪と料理のためのアボカドオイル

さらに、大豆レシチンの栄養特性の中で、ビタミンEも含まれていることに注意してください。これは、抗酸化機能の1つであるフリーラジカルによって引き起こされる細胞の摩耗を防ぐのに役立つことを意味します。レシチン。

それでも不十分な場合は、脳と神経伝達物質系が適切に機能するのを助ける成分であるイノシトールが含まれています。

大豆レシチンの他の利点

大豆レシチン自体の健康上の利点に加えて、私たちが挙げることができる他の利点があります:

  • 肌に良い
  • 心血管の健康を保護するのに役立ちます
  • 肝臓保護作用があり、腎臓の適切な機能に利益をもたらす
  • 体重を減らすのに役立ちます
  • 神経活動のメリット
  • 消化を助ける
大豆レシチン物理性質

大豆レシチンの禁忌

大豆レシチンの摂取には多くの禁忌はありませんが、その量を乱用すると、いくつかの悪影響があります。大豆レシチンの摂取量が多すぎると、下剤効果が生じる可能性があるため、下痢を引き起こす可能性があります。

それはまた食欲の喪失または増加を引き起こす可能性があります、または同じことですが、それは食事の満腹の正常な機能を変える可能性があります。

また、通常は発生しませんが、このサプリメントを過剰に摂取すると、下痢、嘔吐、お腹が痛むこともあります。いくつかのケースではめまいも。

ひまわりレシチン

ひまわりレシチン

ひまわりレシチンの特性は、大豆レシチンの特性と非常に似ています。多くの人々がこのサプリメントに目を向けています。大豆に関して栄養的な特徴があるからではなく、遺伝子組み換え生物(GMO)とトランスジェニック食品の問題のためです。

あなたも興味があるかもしれません..ガスのための家庭薬

これは主に、世界の大豆生産の大部分がトランスジェニック種子による農業に基づいているためですが、ヒマワリではそうではありません。

同様に、大豆ベースの製品の多くはトランスジェニック大豆で作成されておらず、この種子の主な問題の1つは主に牛の飼料に使用されていることに注意してください。実際、最近まで、大豆生産の大部分は家畜向けでした。

大豆レシチン禁忌

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど