フェヌグリークの天然テストステロン、特性および禁忌

フェヌグリークとは何ですか?

フェヌグリークは、ヨーロッパ大陸の地中海地域だけでなく、北アフリカと中央アジアの南部地域からの植物であり、インドにまで至っています。英語ではフェヌグリーク、メティ、ギリシャ語のクローバーとも呼ばれます。

この植物、フェヌグリークの使用は非常に広く、特に料理用であろうと、このような異なる病気を治療するためであろうと、古くて長い伝統を持つ種子です。

フェヌグリークは、皮膚の状態と気道の閉塞の両方に役立つだけでなく、調理した料理に異なる香りを与えます。

フェヌグリーク禁忌

フェヌグリークの特性とその健康上の利点

フェヌグリークの特性の中でも、その種子には、健康、体に不可欠な鉄、マグネシウム、カルシウム、銅、亜鉛、セレン、カリウムなどのミネラルが大量に含まれていることがわかります。

ビタミン

フェヌグリークの特性の中でも注目に値するのは、そのビタミンです。これらの中には、ビタミンA、ビタミンC、特にビタミンB1またはチアミンなどの細胞発生に不可欠なビタミンB1またはチアミンなどのB群のもの、体の成長に必要なビタミンB2またはリボフラビンがあります。赤血球の生成、細胞の代謝に必要なビタミンB3またはナイアシン、B6またはピリドキシン。これは、適切なニューロン機能を維持し、赤血球や体組織に酸素を輸送するのに役立ちます。

また、体の構造タンパク質とヘモグロビンの形成と成長に必要な栄養素である葉酸またはビタミンB9も大量に含まれています。

フェヌグリーク購入

したがって、フェヌグリークの健康上の利点は議論の余地がないと断言できます。

フェヌグリークのメリット

フェヌグリークの特性と栄養成分は、非常に多様な無数の利点を提供します。これらの特性の中で、それが優れていることを強調できます。

  • 刺激的な
  • 駆虫剤
  • 抗炎症薬
  • 媚薬
  • 去痰薬
  • 下剤
  • 肝保護
  • 発汗剤
あなたも興味があるかもしれません..黒クルミ、栄養特性および他の利点

様々な用途のハーブです。私たちが見るように、それはその栄養成分といくつかの日常の状態を治療することに加えて、体のさまざまなニーズを刺激するのに役立ちます。

しかし、皮膚、髪、男性ホルモンの調節、女性の胸とお尻の増加、悪玉コレステロールの減少などのフェヌグリークの使用など、この植物の主な用途を強調してさらに詳しく説明します血の。

皮膚のフェヌグリーク

フェヌグリークの皮膚に対する抗炎症作用は、ニキビ、湿疹、ヘルペス、火傷、擦り傷、角質、皮膚の角質など、表皮のあらゆる種類の損傷の治療に役立ちます。

これを行うには、ターメリックを混ぜたフェヌグリークの葉を砕いた湿布またはマスクを使用するのが最善の方法です。

これを患部に塗布し、少なくとも2時間は使用できるようにしてから、大量の冷水ですすいでください。

フェヌグリークプロパティ

髪のフェヌグリーク

フェヌグリークは髪の健康を改善するために使用されます。その利点は、軽度の脱毛症、ボリュームの問題、女性の脱毛症、骨折やその他の髪の問題を治療することです。

そのビタミンとミネラルは、あなたの髪の治癒や成長を助けます。フェヌグリーク種子の大さじ4杯を水中に1日放置するだけです。次に、種子と残った水を濾し、ヘッドソークと毛細血管マッサージを行います。

自然なテストステロン

多くはフェヌグリークを「天然のテストステロン」と呼んでいます。この植物とその特性にテストステロンが含まれているわけではありませんが、この植物がこの男性ホルモンのレベルのバランスを維持する働きをすることを完全に結論づけていないいくつかの研究によって示されています。

..パッションフラワーにも興味があるかもしれません。プロパティ、利点、禁忌

このため、勃起不全などのホルモン分泌に関連する問題の治療にも使用されます。

フェヌグリーク

フェヌグリークの胸とお尻

どうやら、フェヌグリークの種子は古代からこの目的で使用されてきました。植物に含まれるエストロゲンであるフィトエストロゲンが含まれており、女性ホルモンと非常によく似た特性を持っています。

コレステロール

フェヌグリークのもう1つの優れた特性は、血中の悪玉コレステロール値を下げるために長い間使用されてきたことです。

フェヌグリーク

フェヌグリークはあなたを太らせますか?

それは私たちの意図が何であるかに依存します。体重を増やしたいのであればフェヌグリークを助けてもらえるからです。なぜならそれは自然な同化作用だからです。

その場合、フェヌグリークはあなたを太らせると言えます。もちろん、私たちの意図が健康的に私たちの体重を増やすことであるならば、これはその目的に適した食事でのみ達成されます。

そうでなければ、体重を増やしたり減らしたりしたくない場合、フェヌグリークは利尿薬です。

運動や運動を伴う過剰なカロリーのない食事や食事を伴うこの目的にも使用できます。

フェヌグリークの副作用と禁忌

この植物の特性は体に特に有益ですが、植物の種子や葉の誤用に関連するフェヌグリークのいくつかの禁忌があります。

フェヌグリークの副作用には次のものがあります。

  • 鼓腸
  • 下痢
  • アレルギー(特にナッツアレルギーの人)
  • 低血糖

しかし、それを引き起こす最小量がないアレルギーの場合を除いて、フェヌグリークの副作用または禁忌は、毎日の消費量の過剰に関連していることを考慮する必要があります。

また興味があるかもしれません..白柳。薬効

フェヌグリークの摂取方法と購入場所

使い方を知りたい場合は、目的によって使い方が異なりますのでご注意ください。髪の場合は水と一緒に使用され、皮膚の場合はマスクのような混合物を作成することによって作成されることはすでに確認しました。

摂取するかどうかは、フォーマットによって異なります。たとえば、砕いた種子を直接摂取することができます。毎日最大2つの小さなティースプーン。2つの別々の摂取量に分けられます。

浸した種子は1日に数回採取されます。混合物は、水2リットルごとに大さじ半分で作られます。空腹時に使用することをお勧めしますが、1日を通して服用することもできます。

フェヌグリークのカプセル、チンキ、および液体エキスは、水または他の互換性のある液体(フルーツジュースなど)と一緒に摂取されます。

フェヌグリークの種子は、健康食品店、東洋のスパイス店、またはバルク食品店で見つけることができます。

カプセル、シードパウダー、チンキ剤、エキスは、ハーブや健康食品の店、または専門のオンラインストアで入手できます。

フェヌグリーク

重要:この情報は、医師またはヘルスケア専門家のアドバイスを補足するものであり、置き換えるものではなく、考えられるすべての使用、注意事項、相互作用、または悪影響を網羅するものではありません。この情報は、特定の健康状況に適合しない場合があります。医師がエコ事情について読んだことがあるので、医師や他の資格のある医療提供者から専門的な医療アドバイスを求めることを遅らせたり無視したりしないでください。治療を開始、中止、または変更する前に、常に医療専門家に相談する必要があります。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど