ルイボスティーを毎日飲む13のメリット

赤いルイボスティーの健康上の利点には、頭痛、不眠症、喘息、湿疹、骨の衰弱、高血圧、アレルギー、早期老化の治療薬としての使用が含まれます。このお茶は、カフェインを一切含まず、タンニンも少ないです。ルイボスティーを飲むと、重度の胃のけいれんを和らげるだけでなく、喘息やその他の関連する症状を和らげることができます。また、免疫システムを高めます。

ルイボスティーとは?

ルイボス茶または赤茶は、南アフリカで発見された低木植物アスパラサスリニアイスから得られる薬効があるハーブ飲料です。南アフリカのルイボス評議会によると、ルイボスは真のお茶ではなく、ハーブです。この「お茶」は、茂みの葉の発酵から得られ、特徴的な赤い色を与えます。グリーンでもお召し上がりいただけますが、まろやかな味わいです。

ルイボスティーを毎日飲む13のメリット1

ルイボスティーの栄養成分

ルイボスティーは、次のような多くのミネラル含有量が豊富です。

  • カルシウム
  • カリウム
  • マンガン
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • また、非常に強力で用途の広い抗酸化剤とフェノール化合物も豊富に含まれています。
  • シュウ酸を含まないため、腎臓結石を持っている人が摂取できます。

ルイボスティーの健康効果

赤いルイボスティーは、健康を心配する人にとって最高の健康ドリンクまたは飲料の1つです。赤いルイボスティーと正の相関がある有益な要素は以下にあります。

ポリフェノールが豊富

ルイボスには、抗炎症作用、抗ウイルス作用、抗変異原性を備えたポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは、その抗酸化能力でしばしば賞賛される有機化学物質です。ルイボス茶には多くのフェノール化合物が含まれており、ポリフェノールが最も重要です。それらは、体全体のフリーラジカルのスカベンジャーとして機能します。これは、がんや心臓病を引き起こす可能性がある細胞代謝の有害な副産物です。アスプラミンとノトファギンは、ルイボス茶に含まれる他の2つの重要な抗酸化物質であり、免疫システムを高め、あらゆる種類の病気から体を保護するための優れた飲み物です。

カフェインを含まない

ルイボスティーは完全にカフェインを含まないため、不眠症に苦しむ患者に推奨されます。寝る直前にルイボスを一杯飲むと、よく眠れます。食事からカフェインを排除することで、ストレスレベル、気分、心臓の健康を改善することもできます。カフェインに依存していることは、世界で最も一般的な中毒ですが、人々はそれがもたらす危険を認識していません。ルイボスティーは、この危険な中毒性のある物質なしで、エネルギーと健康の利点を提供します。

それはまたあなたに興味があるかもしれません..白髪のための14の自然な治療法。

血圧を下げる

ルイボスティーは、ストレス、神経の緊張、高血圧の症状を和らげることが知られています。高血圧は高血圧としてより一般的に知られており、ルイボス茶は気管支拡張薬として機能します。呼吸状態を緩和するだけでなく、血圧を下げ、心臓発作や動脈硬化などの危険な心血管疾患を引き起こす可能性があります。

骨の健康を改善する

赤いルイボスティーは、カルシウム、マンガン、フッ化物、ミネラルが豊富で、良好な骨構造と強い歯の維持に役立ちます。システム内のミネラルのバイオアベイラビリティを高めることにより、関節炎、骨粗しょう症、慢性関節痛などの症状を発症する可能性を減らすことができます。マンガンは実際にはより深いレベルで機能し、新しい骨を作り、損傷を修復するために必要な酵素を刺激します。フッ化物は最も一般的に歯の健康に関連しているため、フッ化物化合物はほとんどのうがい薬や練り歯磨きによく見られます。歯であれ、骨の構造であれ、赤いルイボスティーはすべてを先導します。

心臓の健康を改善する

ケルセチンは、ルイボスティーに含まれるもう1つの強力な抗酸化物質で、さまざまな心臓病の予防に関連しています。それは本質的に抗炎症性です、それはそれが血圧を下げ、他の抗酸化剤のようなフリーラジカルを清掃することを意味します。HDLコレステロール(善玉コレステロール)の増加を促進し、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が動脈や血管の壁に結合するのを阻害します。これは、アテローム性動脈硬化、心臓発作、脳卒中など、さまざまな心臓の状態に対する追加の保護を意味します。

あなたも興味があるかもしれません..蜂蜜の特性、利点、禁忌

疝痛を治療する

ルイボス茶は、疝痛や胃の痛みに苦しむ幼児に役立ちます。紅茶に少し甘くしたミルクを加えると、味が良くなり、口当たりが良くなります。これが、実際にルイボスティーをこのような有名な健康補助食品にしたのです。多くの南アフリカの女性は、この植物はむずむずさせる赤ん坊のために非常にリラックスしていると述べました。ニュースは広がり始め、ルイボス茶は突然、多くの健康上の問題に直面し、それがもたらす利点を確認しました。50年後、世界はこの強力な小さなハーブについてすべて知っています!疝痛と胃の痛みを和らげる正確なメカニズムは不明ですが、ハーブの一般的な抗炎症作用がおそらく最も責任があります。

糖尿病を制御する

アスパラチンは、ルイボスティーに含まれるまれな抗酸化物質の1つであり、多くの独特の性質を持っています。血糖のバランスを取り、インスリン抵抗性と筋肉によるグルコース吸収を改善し、膵臓からのインスリン分泌を増加させることができます。これは、現在世界を席巻している最も広範で危険な状態の1つであるII型糖尿病の発症に対する理想的な防御的シールドに変換されます。血糖値のバランスをとることにより、ルイボスティーは、全体的な健康に有害な血糖値の急激な上昇や低下を回避することで、すでに糖尿病にかかっている人々を保護することもできます。

13ルイボス茶を毎日飲むことの利点2

スキンケア

この赤茶のアルファヒドロキシ酸と亜鉛は、肌にとても良いです。にきび、にきび、日焼け、または関連する皮膚の状態を緩和するために、皮膚に直接赤茶パウダーを適用することもできます。アルファヒドロキシ酸は、しわやその他の早期老化の兆候を軽減することができますが、天然物にはほとんど含まれていません。ケミカルピールに含まれ、肌を活性化させ、フレッシュで健康的な輝きを与えます。ただし、アルファヒドロキシ酸の商業的使用についてはいくつかの論争があり、レッドルイボスティーなどの天然資源から入手することが常に最善です。

また興味があるかもしれません..バナナティーを作る方法、植物にカリウムを加える方法

腎臓結石を防ぐ

腎臓結石の問題がある人は、飲み物にシュウ酸が含まれていないので、好きなだけ赤いルイボス茶を飲むことができます。多くの場合、腎臓結石のある人は、この悪化する成分のためにお茶を飲みすぎることは推奨されません。シュウ酸は結晶形成物質であるため、カルシウム石や腎臓の他の痛みを伴う成長を大きくすることで悪化させる可能性があります。ルイボスティーなら問題ありません!

鎮痙性

このお茶は、鎮痙剤の豊富な供給源であり、激しい胃のけいれんや腹痛を和らげます。これは主に、カルシウムの活動に拮抗することなく体内のK +(カリウムイオン)が活性化されるためです。一緒に、これは胃腸管の活動亢進の存在を減らし、下痢や他の腸の問題を防ぎます。

考えられる副作用

一般的に、ルイボスは非常に安全です。

負の副作用は非常にまれですが、いくつか報告されています。

ある研究では、毎日大量のルイボスティーを飲むことは、しばしば肝臓の問題を示している可能性がある肝臓酵素の増加に関連していることがわかりました。しかし、それは複雑なケースにすぎませんでした。

お茶に含まれる特定の化合物は、女性ホルモンであるエストロゲンの産生を刺激します。

いくつかの情報源は、乳がんなどのホルモンに敏感な状態の人は、このタイプのお茶を避けたいかもしれないと示唆しています。

ただし、この効果は非常に穏やかであり、効果を確認する前に非常に大量に摂取する必要がある場合があります。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど