クローブ

鉄片ではなくスパイスについて話していることを意味するために一般的に使用される名前であるクローブまたはクローブは、Syzygiumファミリーの植物の1つの芽であり、暖かいゾーン。正確には、Syzygium芳香族品種から、または「クローブツリー」またはクラヴェロとも呼ばれます。

クローブ

クローブのプロパティ

この新芽は、基本的に調味料、スパイスとして、または東洋の輸液の混合物の一部として知られています(たとえば、チャイティーにはカルダモン、シナモン、コショウに加えてクローブが含まれています)。薬用レベルのにおい。

これは、クローブの主要な化学成分の1つがオイゲノールであるという事実によるものです。オイゲノールは、ナツメグやシナモンと共有され、多くの健康上の利点があります。

それは血液凝固に非常に有益であり、それゆえ爪にも役立ちます。

心臓疾患の予防に役立ちます。

それは、強力な鎮痛剤。これらの特性のために、虫歯、露出した歯根、または歯茎の問題によって引き起こされる口腔の炎症、歯痛、およびその他の不快感と闘うために、クローブの使用が非常に一般的であるのはそのためです。

抗菌性。感染症対策に役立ちます。鎮痛剤と抗菌剤の組み合わせにより、歯科治療の局所麻酔薬として広く使用されています。

媚薬。クローブの性的欲求の媚薬と刺激特性は、東洋の文化で非常に存在しています。オイゲノールにはこれらの特性があり、クローブは最も多く含まれている野菜の1つであるため、多くの媚薬料理や性欲を刺激する薬がこれで構成されています。

あなたも興味があるかもしれません... 10サフランの信じられないほどの利点

フラボノイドが含まれています。フラボノイドは、酸化剤による損傷から体を保護するだけでなく、抗炎症作用があり、血糖値下げるのに役立ちます

それは去痰ので、それは風邪やインフルエンザの場合には粘液や痰を排出するために私たちを助け、。

ネイルの性質

クローブの他の利点

フラビノイドとオイゲノールに加えて、植物の自然医学で広く使用されている2つの重要な成分は、非常に健康に良いクローブの栄養素であり、ミネラルとビタミンが含まれています。

クローブには、マグネシウム、カリウム、カルシウムが豊富で、ビタミンKとビタミンV、脂肪酸、オメガ3もかなり含まれています。

その特性と利点のため、クローブは、歯痛、粘液と便秘、膣感染症、限局性の痛み、痔核、口腔の健康上の問題(主に虫歯、悪い口や口の潰瘍)、下痢をカットし、消化器系の問題を改善するのに役立ちます。

クローブを消費する多くの方法の中で、輸液は最も推奨されるものの1つです。

クローブ:禁忌の可能性

クローブの使用は大きなリスクをもたらすものではありませんが、場合によってはその消費は避けるべきです。たとえば、肝臓や消化管(潰瘍、肝硬変、過敏性腸など)が損傷した場合は、損傷を増大させる可能性があります。

妊娠中の女性の場合、その使用はお勧めできませんが、この調味料で調合された調合で労働拡張を助けたと説明している女性がいます。したがって、医師に相談することをお勧めします。

クローブのプロパティ

アレルギーの場合、爪がどの程度影響を与えるかを考慮する必要があります。クローブへのアレルギーのケースはあまり一般的ではありません。たとえば、黒コショウなどの刺激を引き起こす可能性のあるナッツ類、いくつかの芳香性ハーブまたはスパイスの場合はそうです。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど