オオバコとは何か、それは何のためにあり、どのような治療法か

オオバコオオバコ専攻は多くの薬効成分を持っており、世界中で発見された植物です。しかし、多くの人々はそれを単純な雑草として扱いますが、私たちにとってそれは良いことです。

それは何のために

オオバコは道路沿いに生えるハーブの1つですが、実際には非常に美しい植物であることに加えて、主な植物の1つである去痰薬、利尿薬、皮膚軟化薬、および治癒薬として多くの薬効があります。

薬用植物の正しい名前であるにも関わらず、LLは "オオバコ"ですが、ラテンアメリカの一部の地域では、少なくとも一般的なレベルでは、Y、yanténとも書かれています。

これは「雑草」として分類されますが、この場合および他の多くの場合、雑草は存在せず、オオバコと他の植物はどちらも「幸福」であり、健康と福祉に多大な利益をもたらします。

オオバコの特性とその利点

オオバコの薬効成分は何世紀にもわたってヨーロッパで知られています。ローマ人はすでにそれらを使用し、サンダルにそれらを置いて、長い行軍の後の足の治癒と炎症を軽減しました。

さて、その薬効があるおかげで、オオバコが私たちの健康にもたらす利点を少し見てみましょう。

去痰薬

オオバコの最も顕著な利点の1つは、咳、気管支炎、その他の上気道の疾患の治療に使用されることです。これは粘液とケイ酸の含有量が高いためです。輸液とする。

利尿

オオバコの利尿作用を活かすために、1日2回以上去痰薬として使用する場合に記載されているように、輸液の形で摂取されます。

植物の利点

消化器系の問題と不快感

消化レベルでは、オオバコ特性は下痢、赤痢、胃炎、胃潰瘍、過敏性腸症候群または過敏性腸症候群、出血および痔核などのさまざまな病状をカバーします。

また興味があるかもしれません..ゼラニウムのエッセンシャルオイル、特性と用途

この薬用植物の使用は、薬物の使用や乱用によって引き起こされる胃や腸の問題のある人、およびセリアック病などの食品関連の病気や疾患のある人に推奨されるのは、まさにこれらの用途のためです。これらのすべてのケースでは、それを1日2回点滴として服用することをお勧めします。

エモリエントとヒーリング

オオバコのもう一つの利点は、それが強力な皮膚軟化剤と治癒剤であることです。傷、出血、傷跡の治癒に使用するために、以前に火傷した植物の葉を傷に直接当てて局所的に使用します。オオバコには収斂性と防腐性があります。

炎症を軽減するために、患部を入浴させ、1リットルの水に数滴の葉を煎じることもできます。この使用は、特に、傷、水疱、および擦過傷に適応されます。

皮膚への使用の場合、葉とその種子は、抗菌性と収斂性の両方を達成する価値があります。

炎症を抑えるためにオオバコを準備する方法

外用抗炎症剤としての使用のために、最もお勧めは、負傷した部分の湿布剤です。オオバコ湿布剤は、火傷した葉で炎症を軽減するために準備できます。ブランチングしたら、水を切って乳鉢で粉砕します。残りのペーストを病変に直接置き、30分間作用させます。

緑の粘土の湿布とオオバコの注入のオプションがあります。この場合、必要な量の粘土を注入の半分で混ぜます。厚すぎるとわかった場合は、注入を少し追加できます。逆に、液体が多すぎる場合は、緑の粘土を少し追加します。

..サイサリスにも興味があるかもしれません。この果物の特性とその食べ方

混合物ができたら、炎症を起こした皮膚または筋肉に直接塗布し、30分間作用させます。その後、大量の水で洗浄し、乾燥させてから休ませます。1日3回できます。

オオバコまたはオオバコの他の用途

目の損傷。感染した場合、煎じ水は目をきれいにするために使用されます。不純物が水中に侵入するのを防ぐために、細かいまたは布ストレーナーでよく濾過することが重要です。

砂糖を調整する。オオバコの薬効成分が血糖値の調節にプラスの効果をもたらすことが証明されています。

血圧。この植物の使用は血圧を下げ、調節するのを助けるので高血圧の人々に推薦されます。

下剤。すでに見たように、オオバコは消化器系の自然な調節因子であり、その駆風作用は穏やかな下剤として機能します。

抗真菌:オオバコは、黒カビの原因であるアスペルギルス菌などの真菌を生成し、非常に重要な健康問題を表すアフラトキシンの増殖を減らします。

ランテンプロパティ

消費方法:オオバコ茶または注入

オオバコは食べられず、消化器系に有毒なオークビゲニンを含んでいるため、お茶、点滴または煎じ薬を使用する必要があります。ただし、オオバコの煎じ薬や注入は無害です。

煎じ薬は、沸騰したお湯のカップごとに、乾燥したオオバコの葉の大さじ2杯と火を消すことによって準備されます。10分ほど注ぎましょう。1日3杯まで飲むことができます。用量は、小さじ約1杯または各カップ約4グラムです。

..キャラウェイにも興味があるかもしれません。この植物とその薬効は何ですか

葉からジュースの形で摂取する人もいますが、これまで見てきたように、特に胃炎に苦しむ人には良い効果がありますが、毒性のため葉を生で摂取することはお勧めできません。

オオバコ禁忌

原理的には、オオバコには禁忌はありませんが、アレルギーのある人がいることを心に留めておく必要があります。また、抗凝固剤を服用する人は、ビタミンKの含有量が高いため、凝固を妨げる可能性があるため、この植物の摂取を避ける必要があります。

妊娠中は完全に禁じられており、実際にはこの植物は流産と見なされますが、通常、最も一般的な流産植物のリストには表示されませんが、かなりのリスクがあります。

この世界には雑草はなく、私たちが知らない良いものだけがあります。

重要:この情報は、医師またはヘルスケア専門家のアドバイスを補足するものであり、置き換えるものではなく、考えられるすべての使用、注意事項、相互作用、または悪影響を網羅するものではありません。この情報は、特定の健康状況に適合しない場合があります。医師がエコ事情について読んだことがあるので、医師や他の資格のある医療提供者から専門的な医療アドバイスを求めることを遅らせたり無視したりしないでください。治療を開始、中止、または変更する前に、常に医療専門家に相談する必要があります。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど