アルニカのエッセンシャルオイル、特性と用途

アルニカは、自然の鎮痛剤で抗炎症剤であるヘレニンを含む植物です。そのため、この植物は痛みを和らげるのに最適な植物の1つと考えられており、傷、擦り傷、あざ、筋肉の痛み、関節炎、ねんざ、皮膚、筋肉、腱へのあらゆる種類の損傷に使用されています。

アルニカのエッセンシャルオイルは、この素晴らしい植物のエッセンスを抽出したものです。

ヨーロッパ大陸やアジアの一部で育つ黄色い花から抽出されます。この黄色がかった油は、これらの花から得られます。

その主要なコンポーネントのもう1つであるチモールは、血流の流れを促進する毛細血管拡張薬です。

アルニカ精油の特性と用途

しばらくの間、アルニカはその特性のおかげで、多くの家庭や旅行者の応急処置キットまたは応急処置キットの必須要素になりました。

アルニカのエッセンシャルオイルとその濃縮された特性の利点は、さまざまな病気を治療するために他のエッセンシャルオイルを完璧に補完します。

さらに、このエッセンシャルオイルは、化粧品業界向けのクリームやその他の製品の調製に使用されます。

アルニカのエッセンシャルオイルの用途

アルニカのエッセンシャルオイルは何のためですか?

このエッセンシャルオイルの最も一般的な用途は、化粧品の作成とは別に、次のとおりです。

けがのため。アルニカのエッセンシャルオイルは、けがやねんざに使用されます。アクションは実質的に即時なので、アスリートやスポーツマンにとって素晴らしい味方です。骨折時の腫れを和らげます。局所使用の場合は、キャリアオイルで希釈することをお勧めします。

あなたも興味があるかもしれません..痛みを和らげるための最良の植物

筋弛緩薬。このオイルが筋肉の痛みやリウマチに対抗するのに非常に有用であるのは、その抗炎症特性のためです。

虫刺され。アルニカエッセンシャルオイルは、虫刺されによる損傷を鎮めるために使用(希釈)できます。これは、腫れを鎮めることに加えて、消毒剤でもあるためです。

再生 この植物にアレルギーがない限り、このオイルはにきびや湿疹などの皮膚の問題の治療に最適です。

注:常に希釈されたアルニカのエッセンシャルオイルの使用をお勧めします。その常に局所的な使用、つまり皮膚に。摂取することができるアルニカベースの錠剤がありますが、これは有毒である可能性のある濃度の成分を含むエッセンシャルオイルには当てはまりません。

禁忌

アルニカのエッセンシャルオイルは、アロマセラピーでの使用が推奨されていない数少ないエッセンシャルオイルの1つです。これは、高濃度のオイルであり、吸入すると有毒になる可能性があるためです。

ヘレニンはアレルギー反応を引き起こす可能性があります。したがって、損傷した領域に適用する前にテストを行うことをお勧めします。このテストは、常にエッセンシャルオイルをキャリアオイルまたはエッセンシャルオイルよりも柔らかい別のタイプのオイルで希釈した状態で、肌のあらゆる健康な領域で実行できます。

アルニカのエッセンシャルオイルの特性

アルニカエッセンシャルオイルは高濃度のため、妊娠中の女性、まだ授乳中の母親、4歳未満の子供にはお勧めできません。いずれにしても、この製品を使用するかどうか確信が持てない場合は、医師または小児科医に質問して、質問に回答してもらうことをお勧めします。

また興味があるかもしれません..ヒマシ油:利点、使用および毒性

敏感肌の方は、刺激を引き起こす可能性があるため、このオイルの使用は避けてください。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど