ローズヒップとその治癒油

ローズヒップまたはヒップはヨーロッパの植物で、茂みや低木の形で成長し、現在世界中で知られていますが、主にイギリスで栽培されています。

この種の学名はRosa rubiginosaで、バラ科に属しているため、その名前が付けられています。その花は他の種類のバラとは異なり、開花が早いのでルリrageサを連想させます。

ローズヒップベースの製品にはさまざまな種類がありますが、この植物の最も広く使用されているのは、その修復特性のために油を介したものです。クリームもありますが、人気が高まっています。

ローズヒップオイルとその特性

ローズヒップ一般の特性、特にそのオイル(できれば純粋)は、傷んだ皮膚を再構成する能力、傷跡などの皮膚の跡を取り除く、または少なくとも大幅に消去する能力のために広く普及しています。ストレッチマークや傷。

その化学組成には、多価不飽和必須脂肪酸のほか、タンニン、フラボノイド、ビタミンAまたはベータカロチン、ビタミンC、ビタミンEが高い割合で含まれています。

純粋なローズヒップオイルは、これと別の希釈オイルの割合を含むオイルとは異なり、植物の特性の効果をより効果的にします。

ローズヒップオイル

傷跡用ローズヒップ

傷跡のローズヒップについて話すことは間違いなく油について話していることですが、今日、この油を含むクリームや他の局所製品もあります。

ローズヒップオイルが提供する損傷した皮膚と瘢痕に対する利点は非常に良好です。しかし、皮膚の切り傷による瘢痕だけでなく、火傷、顔のにきびの損傷、妊娠によるストレッチマーク、または体重減少などのその他の瘢痕も含まれます。

ローズヒップのプロパティ

手術痕にローズヒップ

ローズヒップオイルは、帝王切開後に残る瘢痕、虫垂炎やヘルニアなどの小さな手術、骨折した骨の修復手術などの瘢痕を減らすのに効果的であることが示されています。

..サイサリスにも興味があるかもしれません。この果物の特性とその食べ方

大きな瘢痕では、結果はそれほど明白ではないように思われますが、いずれの場合も、ローズヒップが皮膚をかなり再構成するため、マークは常に減少します。

もちろん、結果が効果的であるためには、治療が長期化されなければならないことを考慮に入れなければなりません。

ローズヒップの傷跡

ローズヒップの他の利点

傷跡を超えて、ローズヒップは皮膚を再生して健康で生き続けるのに役立ちます。これは、皮膚の変性と自然な老化を遅らせる、その回復と再生の特性によるものです。

ローズヒップオイルとその特性は、関節炎などの内臓疾患や、心臓血管の問題、糖尿病、高コレステロール血症に多大な利益をもたらすことが示されています。

ローズヒップオイルの特性

さらに、免疫システムを強化するので、その使用は風邪の予防に役立ちます。同時に、皮膚、特に脚への塗布は、血液循環の改善に役立ちます。年配の女性の場合は、足や足のむくみや、静脈瘤の発生を防ぐために使用するとよいでしょう。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど