イヌリン。それは何ですか、何のためですか

イヌリンとは

イヌリンは、通常は少量ですが、根、塊茎、地下茎、および多くの食品に存在する複雑な炭水化物または難消化性多糖のファミリーです。

また、チコリの根から直接得られる粉末状の抽出物で消費することもできます。

イヌリンの特性、機能、用途:それは何のためのものですか?

イヌリンとその特性の最も重要な機能の1つは、含まれているプロバイオティクスの原理のおかげで、デバイス内に他の多くの細菌と共に、腸内細菌叢とビフィズス菌のように収容されている細菌の健康を助けることです。微生物相として知られている消化器系。

腸内細菌叢は、外部の侵入性細菌とは異なり、体内の損傷や病気を防ぐために不可欠です。

さらに、イヌリンは、満腹ホルモンであるレプチンを刺激することによる満腹効果のおかげで、体重を調整するのに役立ちます。そして、それは繊維の巨大な源です。

繊維は体や腸管にとって非常に重要ですが、心臓や動脈の健康にとって、また糖尿病などの病気を避けるためにも重要です。

イヌリンのもう1つの利点は、血中のLDLコレステロールレベルを維持するのに役立ち、それが十分でない場合は、肝臓でのトリグリセリドの蓄積を打ち消すため、肝臓の健康を改善するのに役立ちます。

イヌリンとは

ミネラルとビタミンの吸収

イヌリンがビタミンやカルシウムなどのミネラルの吸収に必要であることを強調することも非常に重要です。したがって、骨の問題(脱灰や骨粗しょう症など)を持つ人々は、骨の健康に不可欠なこのミネラルをよりよく吸収するため、イヌリンの摂取から大きな恩恵を受けます。

あなたも興味があるかもしれません..ガスのための家庭薬

神経系や他の栄養素の吸収に非常に重要なビタミンB複合体は、イヌリンが体に吸収されて適切に機能する必要があることを理解することも重要です。

したがって、イヌリンは、ビタミンB1(チアミン)、ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6(ピリドキシン)の吸収の改善を刺激します。ビタミンB7(ビオチン)、別名ビタミンH、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12(コバラミン)。

イヌリン食品

イヌリンを自然に含む食品には、アーティチョーク、チコリ、バナナ、オオバコ、小麦、オート麦、大麦、ニンニク、ネギなどがあります。

イヌリン禁忌

イヌリンはかなり安全な食品と考えられていますが、フルクトースの吸収に問題がある人にとっては問題となる可能性があります。

多くの量で、イヌリンの摂取は胃に刺激を引き起こす可能性があり、したがって、ほとんどの人は胃に苦しむことはありませんが、推奨量を超えないように注意する必要があります。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど