猫の爪、珍しい特性と健康のための利点を持つ植物

猫の爪とは何ですか?

猫の爪は、Uncaria tomentosa植物に広く使用されている名前であり、商業的および薬用的にも使用されています。名前は、植物のメインの葉または大きな葉の下に表示される小さな爪の形をした茎に由来します。

ペルーのアマゾン原産のこの植物は、その特性と健康上の利点のために、地域の先住民族によって常に使用されてきました。

それは多くの異なる病気を治療するために、そして慢性疾患の積極的な治療から生じる痛みを和らげるために使用されます。

猫の爪:プロパティとメリット

猫の爪の植物は、その薬効のおかげで大きな健康上の利点を提供します。これらの利点の中で強調できるのは:

強力な抗炎症

猫の爪は強力な抗炎症作用があるため、体の外的および内的の両方のあらゆるタイプの炎症の治療に使用されています。例えば、歯痛、月経痛、ならびに内部炎症または皮膚の外部創傷における関節の炎症。

猫の爪のプロパティ

免疫システムを強化する

猫のクロープラントの抗変異原性は、免疫システムの強化、改善、維持に非常に効果的であることが証明されています。

このまさに事実のために、それは免疫不全に関連する深刻な問題を抱えている患者、または攻撃的であり得る治療(化学療法、放射線療法など)を受けている患者に使用されます。

同時に、猫の爪に含まれるアルカロイドの1つは、合計7つのアルカロイドを含んでいるため、最も重要かつ大量に含まれるイソプテルポジンです。これは、免疫システムの改善とラジカルの抑制に寄与します。細胞を損傷する遊離細胞。

また興味があるかもしれません..この薬用植物のマシュマロ、特性および禁忌

アレルギー

この植物は、あらゆる種類のアレルギーに関連する問題の治療に非常に役立ちます。

消化器系

猫の爪は、治癒力があるため、胃炎、胃潰瘍、下痢などの消化器系の問題を定期的に治療するために使用されますが、状況を悪化させる可能性があるため、細心の注意を払って行う必要があります。

特にそれが過剰に消費される場合。

治癒

この植物は強力な治癒剤です。その抗炎症効果に加えて、それは傷、擦り傷、表面のやけど、切り傷などの小さな傷の治療に非常に役立ちます。

猫の爪工場

猫の爪とがん

癌患者における猫の爪の使用は、この植物が免疫系を強化するために広がっており、多くの場合、病気自体または患者を苦しめる攻撃的な、しばしば避けられない治療によって弱められます。

強力な抗炎症作用があるため、これらの症例の患者の慢性疼痛を軽減するのに役立ちます。

猫の爪を取る方法:カプセルと注入

猫の爪は通常カプセルに含まれていますが、輸液としても摂取できます。

カプセルには通常、パッケージリーフレットに含まれている用量が含まれています。これは、一般的に次のように推奨されます。朝2カプセル2つ、朝食または最初の食事、および夜2つ、ディナーまたは最後の食事日。

時にはパウダーも販売されていますが、これはカプセルの中にあります。彼らはまたチンキで見つけることができます。

1日の量は、治療に応じて20〜60 mgの範囲です。

猫の爪のメリット

猫の爪の注入を準備する

猫の爪の注入を準備するには、お湯1杯に対して小さじ1杯の乾燥ハーブで十分です。水を追加し、8〜10分間覆って休ませます。1日2杯飲むことができます。

..コリアンダー、用途、利点、特性、禁忌などにも興味があるかもしれません

猫の爪の副作用と禁忌

猫の爪には大きな禁忌や副作用はありませんが、非常に効果的で強力な薬用植物であるため、常にリスクがあることを考慮する必要があります。

猫の爪の禁忌の場合、胃の痛みや下痢、さらには腎臓の合併症を引き起こすこともあります。しかし、これらの起こり得る副作用がそれらを非常に認識するために定期的に発生するほど十分なデータはありません。

猫の爪を取る方法

もちろん、消化性潰瘍と胃炎のある人は、猫の爪を使うことや、非常に限られた量で、そして医師の監督のもとで猫の爪を使うことを避けるべきです。

いつものように、治療を始める前に専門医または医師に相談してください。

薬物相互作用

猫の爪と他の薬の相互作用は、この植物の効果を変えることができます。

たとえば、抗ヒスタミン剤と制酸剤は猫の爪に存在するアルカロイドの吸収を減らすことができます。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど