南極大陸は40年前の6倍の速さで溶けている

南極の氷塊の年間損失は、1979年から2017年の間に6倍に増加しました。この情報は、先週、米国科学アカデミーの論文集に発表された研究からのものです。

カリフォルニア大学アーバイン校の氷河学者たちは、NASAやオランダのユトレヒト大学とともに、この期間中に溶融の加速が地球の海面水位を1センチ以上も上昇させることを発見しました。

「これは、いわば氷山の一角に過ぎない」と研究の主執筆者であるエリック・リグノット氏は述べた。「南極の氷床が溶け続けているので、次の数世紀で海面が数メートル上昇すると信じています。

南極大陸は40年前に比べて6倍速く溶けています1

調査について

この調査は40年にわたって行われ、調査チームは18の地域、176の盆地、および近隣の島々を調査しました。

使用された手法の中で、内部の盆地と氷が海に浮き始め、「ベッド」から取り除かれた場所での雪の蓄積が比較されました。データは、NASAのIceBridge作戦を通じて約350メートルの距離で撮影された高解像度の航空写真から取得されました。複数宇宙機関の衛星レーダー干渉法; 1970年代初頭に始まった衛星画像のLandsatシリーズ。

チームは、1979年から1990年の間に、南極大陸は年間平均40ギガトンの氷塊を失ったと結論付けました。(1ギガトンは10億トンです。)2009年から2017年までに、年間約252ギガトンが失われました。

また興味があるかもしれません..オゾン層とは何ですか、その穴とそれを保護する方法

溶融率は、40年の間に劇的に増加しました。1979年から2001年まで、年間10年間で平均48ギガトンでした。レートは2001年から2017年にかけて280%増加し、134ギガトンになりました。

最も気になる点

研究の主執筆者は、プロジェクトの主な結論の1つは、東南極の最近数十年における氷塊の全体的な損失の状況への寄与であると述べています。

「私たちの研究が示しているように、東南極大陸の「ウィルクスランド」セクターは、1980年代でさえ、常に大規模な損失の主要な参加者でした」と彼は説明します。「この地域はおそらく、これまで想定されてきたものよりも気候[変化]に最も敏感であり、西南極と南極半島を合わせたよりもさらに多くの氷が含まれているため、これを知ることは重要です。

彼は、氷の最大の塊を失うセクターは暖かい海の水に隣接していると付け加えました。

「地球温暖化とオゾン層破壊により、これらのセクターにより多くの海洋熱が送られるようになるため、南極の海面上昇に何十年も貢献し続けるでしょう」とリグノット氏は結論付けています。

推奨されます

生姜、特性、利点、栽培、およびそれを使用する方法は減量します
ミント:この植物の印象的な利点
チア、使用、禁忌プロパティなど